素敵なSM

素敵なSM

浣腸などのアナルプレイを中心とした自作のSM小説の連載したり、作者がヌケタSM動画を紹介しています。

登録日:
2006年09月03日
カウント:
in:0 out:0
カテゴリ:
URL:
http://sm1.blog39.fc2.com/
  • 雛紀
  • 優衣♪
  • ☆さら☆
  • Ema73
  • .京華
  • マリア♪
  • ななえちゃん
  • ☆沙織☆
  • めいちあ
  • 上田さき

プロフィール公開中のデジカフェメンバー

最新記事

上げへ 2013年06月26日19時52分
参ったね!ブログて更新せえへんかったら、広告入れられるんやね。わたしもほんまは新しい小説を書きたいんやけど、今仕事が忙しくて。3週間公休なしで、新たに趣味のSM小説を書く余裕もなしです!ではまた。
「美人看護師肛姦記」を最後までごらんになって下さった御礼 2012年06月19日10時39分
「美人看護師肛姦記」、著者彩りんがサラリーマンをしながらおまけに元々遅筆のため3年半にわたる長期の連載になりましたが、拙作を最後まで読んで下さいましてありがとうございました。この小説を書いた動機について申しますと、子供の頃病弱だったわたしは昔から看護婦さんに対して患者に対して笑顔で親切に奉仕する天使のような素晴らしい職業の人達という認識を持っていました。しかし、大人になったある時、「ひろこ」という
【SMアナル小説】美人看護師肛姦記 最終話:腐れ縁 2012年06月12日18時56分
裕子と亜希は、急いで山を登って行った。足をくじいていない裕子が、山の頂上に着いた。「頂上についたわよ、亜希さん!」「そのまま向こうへ、山のふもとに向かって降りて行って!」「ええ!」そう言って、裕子がふもとの亀岡へ向かう道へ一歩を踏み出した時だった。銃声があたり一面に響いた。次の瞬間、亜希が地面に前のめりに倒れた。地面に倒れて横になっている森山の後ろに立っている遼の横には、右手に銃を握った大河内が
【SMアナル小説】美人看護師肛姦記 第98話:追いついた森山 2012年05月06日18時24分
裕子と亜希は、2人でお互いの肩につかまりながら、必死に山を登って行った。 すると、山上が見えて来た。「見て、亜希さん。あそこがこの山道のいちばん高い所やわ。あと、10m位よ。」「そうね、そのようね、裕子さん。」「さあ、あそこを越えてふもとの亀岡の町に向かいましょ。」「ええ。」その時、道の下の方でごそごそと音がした。そうして、森山、続いて遼が2人の前に現れた。「森山さん!」「りょ、遼!」「ふふふ。
【SMアナル小説】美人看護師肛姦記 第97話:信長の恐るべき正体 2012年04月08日14時59分
森山は天翔の構えをしたままじいっと信長を睨み続けた。「どうした、森山さん。俺を睨み続けたままで俺を倒さなければ、ここから先には進めないぞ。」「わ、わかっている。だけど、極東空手で師範代をしていた俺から見てもあんたの構えにはすきが全くない!あ、あんたは一体何者なんだ?」「教えて欲しいか、森山よ。そうしたら、試しに俺の技を見せてやるから、かかって来な!なあに、手加減してやるから気絶したりはしないさ。

エログランキングに参加する

エログランキングに参加するには新規登録をしていただき、エログにHTMLリンクコードを貼り付けて頂ければエントリー完了です!

[PR]Gスポットならサンプル動画超見放題