「妄想の座敷牢」~紅殻格子の世界~

「妄想の座敷牢」~紅殻格子の世界~

紅殻格子は本職の官能作家。管理人(美波)は愛人であり人妻。先生と二人で性癖妄想や淫乱体験日記(3P、野外露出など)二人で仲良く綴っています。

登録日:
2008年10月08日
カウント:
in:0 out:3
カテゴリ:
タグ:
URL:
http://bluemoonl0823.blog27.fc2.com/
  • ひなどり
  • あやっちい
  • ふるふるみー
  • ゆっちょん
  • れなれなです(^^)
  • みふぁ
  • ももはら
  • いくみ7
  • ゆな(*^^*)
  • midotan

プロフィール公開中のデジカフェメンバー

最新記事

二十三夜待ち 第二十章 2016年11月18日21時07分
二十三夜待ち 第二十章 FC2 Blog Ranking蝉の声がけたたましい。 小鶴の息子は、月讀神社の眼前に広がるゴルフ場に目を遣り、退屈そうに軽くクラブを素振りする動作をして見せた。「なかなかいいゴルフ場だね」「ここは一面、薄の野原だったんじゃ」小鶴は吐き捨てるように言うと、暫し真昼に遠き昔の夢を見た。二十三夜の青白い月明かりの下、執拗に睦み合う千代と清一の姿は、まるで雌雄の龍...
二十三夜待ち 第十九章 2016年11月07日23時49分
二十三夜待ち 第十九章 FC2 Blog Ranking「ああ、ダメよ・・いやっ・・」寛三の舌先が膣孔を抉りながら、弄ぶように肉芽を下からチロチロと刺激する。不器用な反復ではあるが、却って女の体はそんな単純さに焦らされ翻弄されてしまう。「小鶴さん、貴女が全てを捨てて僕の許へ来てくれるのを待っている」「私なんか・・私なんか・・」「・・どうしてかは僕もわからない。でも毎日小鶴さんと一緒...
二十三夜待ち 第十八章 2016年10月27日19時35分
二十三夜待ち 第十八章 FC2 Blog Ranking戸籍上の夫はいるが、子供を身籠ったことのない二十五歳の成熟した女である。行商と農作業で鍛えた薄い褐色の体は、女豹のようなしなやかさを保っていた。透けた肋骨を守るようにくっきりと迫り出した乳房は、硬く蕾んだ少女の張りと、触れなば融け出す年増の柔餡を兼ね備えている。そして凛と起った乳首は、まだ十九歳の青年に男の覚悟を強いるように、...
二十三夜待ち 第十七章 2016年10月13日00時10分
二十三夜待ち 第十七章 FC2 Blog Ranking素封家の睦沢家に嫁ぎながら、夫の和馬ではなく、かつての生徒だった画家の下布施清一を愛した千代。千代は社会が用意してくれた幸福を捨て、清一の心の中に生き続ける道を選んだのだろう。だが小鶴は、道具としての暮らしに不満を抱えながらも、夫や家族を捨てる勇気が持てずに躊躇っている。寛三に愛されたい。一度だけでも抱かれたい。その想いは真実...
二十三夜待ち 第十六章 2016年10月06日22時59分
二十三夜待ち 第十六章 FC2 Blog Ranking二人はみすぼらしい六畳一間の部屋で、卓袱台を挟んでしばらく俯き合っていた。小綺麗に掃除は行き届いていたが、家財道具は布団一組しかない殺風景な部屋だった。「な、何か食べる物をつくるわ」立ち上がって部屋の外にある共同炊事場へ行こうとすると、小鶴は乱暴に背後から抱きすくめられた。「ず、ずっと好きでした」「・・・・」力任せに抱かれなが...

エログランキングに参加する

エログランキングに参加するには新規登録をしていただき、エログにHTMLリンクコードを貼り付けて頂ければエントリー完了です!

[PR]sexiiの招待状をGETするには?