「妄想の座敷牢」~紅殻格子の世界~

「妄想の座敷牢」~紅殻格子の世界~

紅殻格子は本職の官能作家。管理人(美波)は愛人であり人妻。先生と二人で性癖妄想や淫乱体験日記(3P、野外露出など)二人で仲良く綴っています。

登録日:
2008年10月08日
カウント:
in:0 out:0
カテゴリ:
タグ:
URL:
http://bluemoonl0823.blog27.fc2.com/
  • ル ナ
  • ♪♪とも♪♪(^^♪
  • reina?
  • ☆♪☆ちなつ☆♪☆
  • るみっちぃ
  • さくらちん
  • ゆちりち
  • まりにゃ777
  • ことりぃ
  • ユイにゃ

プロフィール公開中のデジカフェメンバー

最新記事

二十三夜待ち 第二十二章 (最終章) 2017年01月09日23時18分
二十三夜待ち 第二十二章 FC2 Blog Ranking昭和三十二年の春だった。蕎麦屋の主人夫婦が仲人となって、寛三と小鶴はささやかな結婚式をあげた。「寛三、いい嫁をもらったな。お前もこれで一人前だ」蕎麦屋の主人は結婚の餞に暖簾分けを許してくれた。寛三はこつこつ貯めた金と主人の支援で、横浜の港湾労働者が暮らす街で小さな店を開いた。僅かに四人がけのテーブル席が五卓あるだけの店だった...
二十三夜待ち 第二十一章 2016年12月21日00時22分
二十三夜待ち 第二十一章 FC2 Blog Rankingその半年後、四年間続いた太平洋戦争は敗戦を迎え、マッカーサー司令官が厚木に降り立った時、この国は羞恥心の欠片もないほど変節してしまった。それは山奥に位置する月海集落とて例外ではなかった。名主だった睦沢家は農地解放によって没落し、和馬と千代との間にできた娘は、月海集落を離れて東京へ転居したと聞く。睦沢家も華族も、巨大な財閥にし...
二十三夜待ち 第二十章 2016年11月18日21時07分
二十三夜待ち 第二十章 FC2 Blog Ranking蝉の声がけたたましい。 小鶴の息子は、月讀神社の眼前に広がるゴルフ場に目を遣り、退屈そうに軽くクラブを素振りする動作をして見せた。「なかなかいいゴルフ場だね」「ここは一面、薄の野原だったんじゃ」小鶴は吐き捨てるように言うと、暫し真昼に遠き昔の夢を見た。二十三夜の青白い月明かりの下、執拗に睦み合う千代と清一の姿は、まるで雌雄の龍...
二十三夜待ち 第十九章 2016年11月07日23時49分
二十三夜待ち 第十九章 FC2 Blog Ranking「ああ、ダメよ・・いやっ・・」寛三の舌先が膣孔を抉りながら、弄ぶように肉芽を下からチロチロと刺激する。不器用な反復ではあるが、却って女の体はそんな単純さに焦らされ翻弄されてしまう。「小鶴さん、貴女が全てを捨てて僕の許へ来てくれるのを待っている」「私なんか・・私なんか・・」「・・どうしてかは僕もわからない。でも毎日小鶴さんと一緒...
二十三夜待ち 第十八章 2016年10月27日19時35分
二十三夜待ち 第十八章 FC2 Blog Ranking戸籍上の夫はいるが、子供を身籠ったことのない二十五歳の成熟した女である。行商と農作業で鍛えた薄い褐色の体は、女豹のようなしなやかさを保っていた。透けた肋骨を守るようにくっきりと迫り出した乳房は、硬く蕾んだ少女の張りと、触れなば融け出す年増の柔餡を兼ね備えている。そして凛と起った乳首は、まだ十九歳の青年に男の覚悟を強いるように、...

エログランキングに参加する

エログランキングに参加するには新規登録をしていただき、エログにHTMLリンクコードを貼り付けて頂ければエントリー完了です!

[PR]YouTubeの無料で楽しめるエロ動画が満載!