男子厨房に入ってCFNM

男子厨房に入ってCFNM

特殊な性癖であるCFNM。その中でもさらに特殊なストライクゾーンを持った人向けに小説を公開しています。 ・シチュエーションを重視 ・決してSMではない ・女性はほとんど脱ぎません ・男のプライドを否定

  • ★まりん
  • みずきm
  • misa☆
  • kuroageha
  • まーいまーい
  • なぎさ♩
  • ぷに子(あやかです)
  • 万理
  • えみ様
  • chocolat

プロフィール公開中のデジカフェメンバー

最新記事

全裸キャンプで(8) 2017年03月25日22時15分
「男子はお前で最後だな。向こうの鍾乳洞で脱いでこい。脱いだらこっちのほうに川があるから来い。裸の女子たちが待ってるからな」 植村先輩の指示で僕は鍾乳洞に向かった。 眩しい乳首と小麦色で小ぶりなおっぱいと別れるのは辛かったけど、これから早川や歌方のおっぱいもアソコも見ることができるのだと自分を言い聞かせた。 男子たちの計画は達成されつつある。 植村先輩のおっぱいを見れたことで、これなら
全裸キャンプで(7) 2017年03月18日18時28分
そう。 紫村はまるで普通のことのようにヌーディストになろうと言い出したのだ。 「先輩…、それはさすがに…」 いつもはガサツな小倉坂も口を濁していた。体育座りで早川と歌方、そして小倉坂が肩を並べて座っている。キャンプファイヤーの火を背にした紫村はギターをポロンと鳴らして微笑んだ。 「どうしてかな。海外では普通のことだよ。日本人だけがそうして内にこもっている。愚かしいことさ」 べらべらと彼は
全裸キャンプで(6) 2017年03月11日18時58分
それは官能的でいやらしい動きだった。 遭難という極限の状況で何をやっているのだろうという気になってくる。エッチなことをしてる場合じゃない。僕たちは子どもで性教育の授業もまだちゃんと受けていないのだ。 僕は大人の階段を登るみたいで、怖くて唇が震えた。 「ほら、やってみな」 早川は大人の口調で子どもを諭すように言う。子ども扱いされた僕は、屈辱を味わったけど腹の立つのは忘れていた。羞恥のほうが
全裸キャンプで(5) 2017年03月04日23時01分
早川に後ろから抱きつかれて、僕はそれだけで興奮が高まっていった。背中に感じる女の子の身体は非現実的な存在に思える。触れている部位は柔らかいけど雪だるまみたいに冷たいのだ。指先の感触は同じ人間かと疑うほど繊細で、しなやかなのに、僕よりも力強い。女の子って不思議だな。 「ハァハァ…」 「ねぇ… 興奮するのはわかるけど、そういうんじゃないから、コレ…」 「ぅ、うん。わかってる!」 とは言ったものの、女
全裸キャンプで(4) 2017年02月25日23時56分
キャンプ一日目の夜は定番のカレーをつくる。 ありきたりなイベントだけど女子の手づくり料理を味わえるのなら定番も悪くない。そう思っていた。力仕事は男子がやったんだから、料理については女子に任せればいい。 今どき古い考え方だけど、料理というものは女にやらせるに限る。 「ちょっと。都築っ。ボーッとしてないでニンジンの皮剥いてよ」 「えっ… ぅ… うん」 しかしまあ、これくらいなら…。僕は早川からニ

エログランキングに参加する

エログランキングに参加するには新規登録をしていただき、エログにHTMLリンクコードを貼り付けて頂ければエントリー完了です!

[PR]人気オキニー画像をGET!