妄想 陵辱系 官能小説 「ちえの輪」

妄想 陵辱系 官能小説 「ちえの輪」

レ○プされたい。痴漢されたい。「無理やり」「嫌々」「仕方なく」支配されたい。そんな妄想を小説形式で書いています。

登録日:
2011年11月30日
カウント:
in:0 out:12
カテゴリ:
タグ:
URL:
http://adultcontents.dtiblog.com
  • *あやの*
  • やぁやん
  • hana_
  • さをり
  • しゃわー
  • はなちゃんたん
  • らんとw
  • .京華
  • On your side
  • あかり(*^-^*)

プロフィール公開中のデジカフェメンバー

最新記事

嫉妬(33) 2012年02月03日19時15分
「んはぁっ・・・はぁっ」 必死に息を吸って痛みに耐える。 男は苦しそうな美優を嬉しそうに眺めながら、 ゆっくりと腰を動かし始めた。 「んっ・・ぅう・・・」 今まで知らなかった、新しい場所に快感が蠢き始めて、 美優のすべすべとした白い肌に鳥肌が立つ。
嫉妬(32) 2012年02月02日18時37分
「美優っ」 美優の後ろに隠れるようにしていた夏海が、 男達に囲まれて、視界から見えなくなっていく。 自分の名前を呼ぶ声に応えたいと思いながらも、 美優の唇は、すでに汚されていた。 (早く・・・早く終わって・・・) 「どうせなら、美優ちゃんも楽しもうよ」
嫉妬(31) 2011年12月30日20時44分
部屋に帰ると、すでに食事の支度が整っていて、 隣室には二組の布団が敷かれていた。 あまり喉を通らない・・・昼間にしっかり食べておいて良かった。 美優はぼんやりと考えていた。 やがて、静かに襖が開き、 昨夜の男達がニヤニヤ哂いながら入ってくる。 「ちゃんとメモの通りにで
嫉妬(30) 2011年12月29日20時00分
「お腹空いたね・・・」 「ほんと・・・こんな時でも、お腹空くもんだね・・・」 「少し先に、食事ができそうなお店があったよね?」 二人は立ち上がると、簡単に身繕いを済ませて宿を出た。 かんかんと太陽が照りつけるアスファルトの上を歩きながら、 気持ちはどんどん沈んでいく。
嫉妬(29) 2011年12月28日19時25分
あまりにも帰りが遅い洋輔が心配になって、 美優が廊下に出ようとしたところへ、洋輔たちが帰ってきた。 「ずいぶんと長風呂だったね・・・のぼせなかった?」 「いや・・・俺たち、女将に呼び止められて、 少し話をしてたんだ。」 「女将さん?話って何だったの?」

エログランキングに参加する

エログランキングに参加するには新規登録をしていただき、エログにHTMLリンクコードを貼り付けて頂ければエントリー完了です!

[PR]オキニー画像が見放題