Japanese-wifeblog

Japanese-wifeblog

女衒の家系に生まれ、それは売られていった女たちの呪いなのか 極貧、夜逃げの繰り返しの幼少期を経て、失望と・・

  • r17
  • Noah .
  • sayu。
  • ルナ.
  • あ ー や
  • 美 麗
  • つむぎ❁
  • soni*
  • まあーみ
  • あやりん☆

プロフィール公開中のデジカフェメンバー

最新記事

疑惑 人妻おカネのモンペや腰巻に執着し始めた庄衛門は 2018年12月12日07時18分
男と女の、このようなふしだらな行為を許せる風潮では、当時はなかった。入沢村でなくとも、男女が並んで歩いただけで厳しくとがめられた時代だった。それ故、気持ちを伝える手段と言えば、何かをそれとなく届けるとか、周囲の目に触れるか触れないかの瀬戸際のところで、相手にだけわかるよう晒すしかなかった。おカネと庄衛門はこれを、村の若い連中が行うように秘かに行った。妙な話だが、当時は排泄行為を、今のように完全密閉
疑惑 庄衛門の言付け 2018年12月08日11時29分
慶事は今では主に地区の公民館で行うのが普通になっているが、この時代の、ましてや入沢村などという、ひとも通わぬ僻地に公民館などありようもない。従って順番制によって祭りごとの宿番を務める以外、慶事 ことに寄り合いは仲間内の中で最も権力を持った家で行った。足立家か長嶋家がそれにあたる。何かにつけて席順は、上席に庄屋が座り、順次上役から席を詰め、端役などは座敷に入りきれなくて隣の板の間に坐することになって
知佳の美貌録「人生相談」 生活保護一歩手前の苦悩を語る 2018年12月05日06時26分
知佳の美貌録「人生相談」年度末の会計報告書提出期限が迫ると久美たちの生活はそれこそ缶詰め状態で支配人室に籠ることが多くなった。ホテルでは、ふたりについて様々なうわさが飛び交った。連日、徹夜して資料を作り朝方4時頃になって麓の自宅に来るまで送り届けてもらう。懸命に家事をこなし9時前には待っていてくれた車で再び山に登る。噂にならないほうがおかしいような生活を送っていながら、支配人との関係は仕事上以上に
知らず知らずのうちに、こんなことやってた。 2018年12月03日15時19分
彼と待ち合わせして、食事やお茶しながら、出会って、二言三言言葉を交わした直後から決まってスマホを取り出す。あとはもう、お互いそれぞれ、スマホに夢中画面の向こうには目の前にいる彼とは別の人物知佳の場合そのほとんどが別の彼そして、食事やお茶が終わると何事もなかったかのように、目の前の彼とエッチ知佳だけかと思って周囲を見回してみたらほとんどのカップル?いや、すべてのカップルが大なり小なりそうだった。必要
田舎なればこそ 一見平穏な一家の、見た目と実際のギャップ 2018年11月30日06時49分
妻41歳なのに息子21歳とくれば必然的に考えられるのが亭主となる男が男性として芽生える前に孕んだと思われること。つまり、生まれ持っての発展家で学生時代から相当の遊び好き?その長男の顔立ちは大人しめの祖父や父の面影が長男には全く見当たらず逆に殺された、仲裁に入った男には目鼻立ちなど似通った点があること。長女が7歳だから、子供についても誰の子? と言いたくなる。長男と長女の年齢差は14歳とても計画出産

エログランキングに参加する

エログランキングに参加するには新規登録をしていただき、エログにHTMLリンクコードを貼り付けて頂ければエントリー完了です!

[PR]「出会い系体験5人に1人」その中で実際に出会った人は74.0%