Japanese-wifeblog

Japanese-wifeblog

女衒の家系に生まれ、それは売られていった女たちの呪いなのか 極貧、夜逃げの繰り返しの幼少期を経て、失望と・・

  • ねわ
  • まりえってぃー
  • るるママ
  • rirakkuma
  • あやか41
  • じゅじゅ☆
  • みな!
  • みいたんです
  • える みあ
  • わりん

プロフィール公開中のデジカフェメンバー

最新記事

歴史は繰り返す 男尊女卑 2019年04月14日17時35分
久美の母 好子が女に目覚めた頃は、まがうことない男尊女卑の時代だった。結論から言えば好子が女としての全盛時代、男の絶対数が満ち足りず、女が男を漁らねばならない時代だった。時代が進み、現代も行為を自ら求める男が満ち足りず、女の方から男を漁る時代といえよう。つまり、約半世紀を経て時代の繰り返しが起こったことになる。その好子に性が芽生え男を求め始めた時代、出征した若者の多くは再び故郷の地を踏むことなく散
知佳の美貌録「似たもの同士」 放浪する母 2019年04月14日07時20分
知佳の美貌録「似たもの同士」久美たち姉弟を置き去りにして男のもとへ走った母好子だったが、夫幸吉から逃れるため住む場所も職も転々とした。家出をしたその日のうちに夜汽車に乗っている。男を追ったとはいえ、どこそこで落ち合おうと予め取り交わしたわけではない。男恋しさに、好子の方から家を勝手に飛び出し、聞き覚えのある場所にい向かって夜汽車に乗っただけであった。身の回りのもの一切持たず飛び出した好子は列車の乗
夫婦間の鬩ぎ合い 間合いの取り方でベッド淫のタイミングを計る 2019年04月11日11時34分
先だって渓流釣りを機会に妻の加奈子が夫 雄一の目の前で坊主に挿し込まれた件は、大いなる奮起をよんだ。妻の加奈子をして男性の更年期障害とも受け取れる夫 雄一のぼんやりが一時的に解消されたからだ。荒れ寺の中で襲われ、隙を狙って逃げ延びた加奈子だったが、縁に沿って逃れたところを再び襲われ、夫の見守る前で遮二無二貫かれた。「お互い詮索しない」約束で外での恋愛を楽しんでいた矢先の事件。夫婦間の距離も手が触れ
人妻をシェアするしかない中、挿させてもらうため働く夫 2019年04月07日07時13分
乱れた服装のまま、しかも坊主が注ぎ込んだ生臭い匂いをまき散らしながら妻 加奈子はキャンプ場に帰ってきた。その様子を、蔑視した目つきで見つめる子供たち。自分たちの母が、子供や夫を渓流釣りに追いやっている間中 何をしてきたのか十分理解できていた。そんな身体の処理を終えないままに帰り着くと早速、父をベッドに誘い込み続きをねだる。ねだるというより、それによって父を繫ぎ止めようとしていることを子供たちは知っ
エッチ無き夫婦性活 外での恋愛は大目に見た結果、妻のお蔭で射精感が甦った夫 2019年04月04日11時42分
連休を前にして佐藤家は湧き立っていた。このところ問題になっている働き過ぎについて、夫雄一の会社側が折れ、休みの日の臨時出勤という名目での仕事を禁止したからだった。雄一は常日頃から休みが取れたら一緒に渓流釣りに出かけようと約束していた。ふたりの子供たちは、今度こそ家族そろって釣りに出かけられると大喜びだった。釣りに乗り気なのは雄一と子供たち、妻の加奈子はどちらかというと草地を踏み分け、野山に踏み入る

エログランキングに参加する

エログランキングに参加するには新規登録をしていただき、エログにHTMLリンクコードを貼り付けて頂ければエントリー完了です!

[PR]ネットで人気のアダルト画像が満載!