Japanese-wifeblog

Japanese-wifeblog

女衒の家系に生まれ、それは売られていった女たちの呪いなのか 極貧、夜逃げの繰り返しの幼少期を経て、失望と・・

  • よしこ(よっちゃん)
  • ななちゃんこ
  • ゆみ??
  • t.ren
  • Natan
  • さくや☆
  • Momo☆
  • 音咲
  • ★まーや☆
  • ゆくづ

プロフィール公開中のデジカフェメンバー

最新記事

【シェアハウスのように】憤怒のおっさんと悶絶するちーちゃんをフロアで共有 やがて夢精癖となる 2019年08月21日13時16分
開店を待って店に雪崩れ込んだピンサロの彼女の台は最初の1万円で魚群が出現し、男どもが彼女を取り囲むように群がり盛んに囃し立てていた。啓介はと言えばジャグラー3の滑りが止まらないでいた。ピンサロに注ぎ込んだお金をスロットで取り戻し、金をちらつかせ昼間彼女をデートに誘いラブホにしけこむつもりが、啓介こそ逆にはまり込み彼女は爆発していた。こうなると彼女の台は夕方までに10万は超す。昼間の夢は露と消えてい
【シェアハウスのように】妻を見限り風俗に走る夫 2019年08月13日11時16分
冴が身籠り家事に支障をきたすようになってきたころ、啓介は妻を疎んじ遊び歩くようになっていった。何が辛いかと聞かれれば、それは食事の支度だった。食べ物の匂いを嗅いだだけで吐き気をもよおす。それなのに啓介は腹が減ったと言っては冴につらく当たった。食事も摂らないで横になっていると「怠けてる」と逆上した。黙らせるには子育てのためと貯めてきた貯金を切り崩し「これで何か食べてきて」と与えるしかなかった。啓介は
家族に見捨てられ、認知でもないのに一生涯出ることのできない施設に強制入居させられたお屋敷のご婦人 2019年07月29日06時33分
今日は真面目な話し、数日前、70代後半の女性が施設に入居されました。後期高齢ですので入居申請は比較的通りやすいのですが認知入居ではありません。家族のため徹底して節制に努め、挙句栄養が偏り骨粗鬆症になり、60代半ばから独居中幾度も転倒、大腿骨と骨盤を骨折し、歩行困難(ご子息曰く 松葉杖可能)になり、望んでも地区のケアマネを含めご子息からも独居が認めてもらえず半強制的に施設に送り込まれたもの。ご...
【シェアハウスのように】草むらで艶子が剛田相手に教えてくれた母子相姦の構図 2019年07月24日15時33分
「艶子 艶子・・ああ・・・、ムムム・・・、ああ はぁはぁ これがいいんか? こうか?」「ああぁ~~~ いい!! あんあんあああ・・・ いって いってちょうだい」バス停で男に射すくめられていた時の艶子は警戒心に充ちていた筈だった。「しつこいわね。約束だから脱いであげただけ。誰がお前なんかに」「はぁはぁ、あっ ちゃんと開け、開いて魅せてみろ!」互いに言葉は汚いが認め合い始めていた。草むらで剛田にクンニ
【シェアハウスのように】野辺の草の上で行われた 父が母に向かって子供が寝静まった深夜に行う折檻のような行為 2019年07月20日16時05分
新藤家からほんの少し山に向かうとのどかな農村地帯が広がる。その村に通ずる十字路にバス停があり、何処から来たのかもわからない輩が連日たむろしていた。3人組のリーダー格は開襟シャツは着ているものの、その色黒さや体格から見ても明らかに労務者風で目つきが鋭く、他のふたりを顎で使っているようにみえた。「おい、もう昼前だってえのに、ま~だ見つからんのか」息せき切って駆け戻ったふたりに問うた。「ヘイ、兄貴 俺た

エログランキングに参加する

エログランキングに参加するには新規登録をしていただき、エログにHTMLリンクコードを貼り付けて頂ければエントリー完了です!

[PR]ブログランキングなら出会いの広場!