Japanese-wifeblog

Japanese-wifeblog

女衒の家系に生まれ、それは売られていった女たちの呪いなのか 極貧、夜逃げの繰り返しの幼少期を経て、失望と・・

  • あ こ
  • まい(。・ω・。)
  • nyui
  • ★RYU☆
  • 麗 華
  • おかわ。
  • にこ25
  • あきちゃん#785;#785;
  • unaYuna
  • はるはるー

プロフィール公開中のデジカフェメンバー

最新記事

「チンコを探るときの、あの表情がたまらん!!」 寝取った男が最も好んだのが人妻のイキ顔だった。 2019年02月16日21時01分
オンナにあり付けなくて、自身で擦るしかない期間が長かった男の人なら当然覚えがあるんじゃないでしょうか?セックスレスなら普通に考えると異性、その香りや存在を感じただけで自身の身体にある変化があると思いがちですよね?そう、興奮状態を示すアレ。 男性なら勃起、女性なら・・・ところが、本当に長期間レスが続くと、耐えてきた後遺症からなのか、その身体の変化が湧き起らず、気恥ずかしさから逆の反応で求め来る相手に
夫に内密で知り合いのおばちゃんと分かち合うヒミツ 2019年02月13日13時45分
知佳が仲間の50代のおばさんにけしかけたこと、それが魅せてもらうこと。顔を合わせば旦那の愚痴と誰彼の噂話を口にする大先輩の女友だち、50代に入ったばかりのおばちゃん。知佳の男について、何かとツッコミを入れてくるのも彼女ならオトコの講義もこのおばちゃん。知佳はオトコ運がなかった。彼と出会って結婚しようと決めたのは、彼に安定した職業と高収入があったから。打算的と周囲には言われたけど、出会った当初...
恵里香は、友人瑠美の恥丘脇の膨らみ具合で亀頭冠の位置と雄々しさを知って、その卑猥さに燃えてしまっていた。 2019年02月12日06時57分
午後の淡い陽射しを浴びながら、人妻瑠美は布団の上でオトコに組み敷かれつつもなお、抗い続けていた。心の底からではない。その証拠に瑠美は先ほどまで四つん這いでオトコを受け入れ尻を高く掲げていた。その時の彼女のアソコはすっかり朱に染まり、オトコの侵入を求めて打ち震えていたはずである。それでも表面上は、愛おしんでくれる夫に操をたてようと、オトコの要求を頑なに拒み続けていた。その瑠美が自ら身体を開いてくれる
同年代の人妻瑠美の淫嫉さに自身を重ね合わせ、食い入るようにその行為を見つめる恵里香 2019年02月11日17時58分
まるで舐るように、じっとその仕草を見据える目があった。-----------------------------------------------脇本恵里香(35歳)は友人 森山瑠美宅を、彼女の相談にのるため訪問していた。瑠美の相談というのは近所中から冷たい視線を浴びせられているような気がするというもの。簡単に云えばストーカー撃退についてだった。ここからは瑠美の話し。あれはいつの頃からだっ...
異性の思考をやんわりと受け止める努力、その結婚願望を逆に取られる悲しさ 2019年02月07日07時18分
知佳が高校卒業して間もなく、医学生の彼に出会った。そこ頃は盗んだバイクを乗り回すなど、平気でしてたヤンだった。何度も警察にご厄介になった。そんな知佳をやんわり忠告してくれたのが医大生だった後追いすることになる彼。知佳とはまるで別世界の人間、頭が切れるし、どんな非礼な言葉を浴びせても素直に聞き流してくれた。暇さえあれば族仲間と集会を開き、行き着いた先で誰彼構わず身体の関係を持った。職場と同じような雰

エログランキングに参加する

エログランキングに参加するには新規登録をしていただき、エログにHTMLリンクコードを貼り付けて頂ければエントリー完了です!

[PR]YouTubeのエロ動画を大量公開!