褌野郎達の隠れ家

褌野郎達の隠れ家

褌野郎達(ゲイ)の恋愛小説を掲載しております。短髪髭の褌野郎。職業はK官、J官、消防士、ガテン野郎が多いです。それに勃起塾も始めました。良かったら覗きに着いらしてください。

  • MANAchan
  • 夏鳴
  • ゆたん.
  • アニニ
  • ゆきんぬ
  • ミック☆
  • ゆいにゃん(*-*)
  • まな6651
  • NaNaO
  • さくらちゃん☆彡

プロフィール公開中のデジカフェメンバー

最新記事

生贄① 2018年11月10日20時08分
俺は月城 郁斗24歳ので頭髪は坊主。G&Bシステムという会社の企画部に勤務している。身長170㎝のガチムチ体型。学生時代ラグビーに励んでいた。Fランク大学出身の俺。就活は苦労した。エントリーしたのは36社。ことごとく落ちた。最後に受けたのが今の会社。社員数は若干21名の零細企業だ。けど此処数年の実績は伸びている。女性社員は僅かに4名。調べるとチョットブラックぽかった。かなり焦ってた俺。選ぶ...
生贄② 2018年11月10日20時00分
俺と主任が会社を出た。ホテルへと向かっている。小さなペットボトルを渡された。「媚薬入りの水だ。大事な日だから飲んどけ」「ハイ」主任の言葉に俺は応える。俺は一息にその水を飲んだ。実際にはちんぽへの血流を良くして勃起しやすくなると言う。直ぐにちんぽを勃たせる俺には関係ないと思うが……降り注ぐ午後の光線。2時50分にホテルに着いた。開放的な寛ぐ空間が広がっている。ラウンジの椅子に主任と並んで座っ...
生贄③ 2018年11月10日19時47分
結局この晩遅く迄まぐわっていた。シャワーを浴びる。褌を締めこんだ。ナイトウェアを着る。俺達はベッドに潜り込んだ。甘える様に部長に抱き付く。優しく頭を撫でられた。部長の寝息が聞こえる。いつしか微睡みの中に居た。カーテンの隙間からから陽が差し込んでいる。俺は目覚めた。既に起きてた部長。目が合った。「おはよう」「あっおはようございます」部長の声に俺は応える。ほっぺにチュッとされた。「さあ朝飯食って出掛
生贄④ 2018年11月10日19時31分
終った残務、引継、送別会。過去の生贄の先輩と送別会で、小声で盛り上がった。街は夏を迎える準備をしている。俺は壮漢産業に入社した。銀杏の木が金色に輝いている。先月からの兄貴の秘書の仕事を始めた。どうにか熟している。長い研修中にビジネス英語もマスターした。壮漢産業は整えられた髭はOK。今俺は髭を蓄えている。兄貴がその方がいいと言う。入社以来毎日のように兄貴に抱かれてる。映画、ドライブ、祭り。色...
切子の家① 2018年11月02日20時49分
俺は武蔵 湧一31歳。店舗付き住宅を買い、リフォームをした。切子の家”湧”と言う店を4ヶ月前から営んでいる。場所は郊外の裏通り。何度か賞を頂いた。その為か馴染客も結構ついている。特注も数多い。悪い立地。でも足を運んでくれる。湧は江戸切子の店。グラス、花瓶、徳利等の製造販売をしている。1階がカウンターに囲まれた工房。カウンターの下はショーケースになっている。工房の中に設置された小さな流し台。...

エログランキングに参加する

エログランキングに参加するには新規登録をしていただき、エログにHTMLリンクコードを貼り付けて頂ければエントリー完了です!

[PR]YouTubeのエロ動画を大量公開!