レンアイヘンレキ

レンアイヘンレキ

幼なじみとの危ないセックス。

登録日:
2015年10月28日
カウント:
in:0 out:0
カテゴリ:
タグ:
URL:
http://blog.livedoor.jp/mionorenaihenreki/
  • らんとw
  • ぴ。
  • *mayu*
  • hana_
  • ☆沙織☆
  • 不機嫌な果実
  • やぁやん
  • yuriko
  • さをり
  • ぴっ。

プロフィール公開中のデジカフェメンバー

最新記事

階段を上がってきたおじさんがとった行動は 2016年08月14日23時45分
「何してるんだ‼︎」 おじさんはカイリくんを引き剥がし、殴りつけた。 私は驚きのあまり、立ち竦んでいると、おじさんは容赦なくカイリくんを殴り、蹴る。 止められもせず、逃げ出せもせず、ただ震えながらそこにいた。 カイリくんが膝から崩れ落ちると...
いやらしい部分が出たり入ったりしている部分を、下から何人ものおじさんが見ていて 2016年08月12日16時21分
私とカイリくんのいやらしい部分が出たり入ったりしているのを、何人かのおじさんが下から見上げる。 「本当にやめて…」 「下見て笑ってみろよ」 「いやああ…」 カイリくんは後ろからピストンしながら私の顎を持ち上げ続ける。 ひとりのおじさんは目をそらして歩い...
結合部も顔も知らない人に晒され 2016年03月04日09時24分
何人かのおじさんが、上を向いた。 カイリくんのオチン★ンをオマ★コに抜き差ししている所を見られた。 足を下げようとするとカイリくんが乳首を抓りあげる。 「いたっっあんっ」 痛みで声を出せばさらに気付かれてしまった。 うつむいて髪の毛で顔が見えないようにし...
彼はセッ●ス依存だと確信した 2016年03月03日06時06分
結局、ホテルを出たのは夕方だった。 私は何度も抱かれ、カイリくんは最後は、硬く勃起しなくても私の中に入りたがり、無理矢理動かして達していた。 物のような扱いをすると思えば、思い出したように愛を囁くカイリくんは、セッ★ス依存だと確信した。 しかし、私でよけ...
喉奥に彼の棒のようなものが 2016年03月02日22時59分
「いや。入れないで」 これ以上好きにされるのも嫌だった。 カイリくんの目をじっと見据えて拒んだ。 「じゃ、口でしてよ」 意外にもカイリくんは挿入をせずに、私の口元へ持ってきた。 大きく足を開いて私の顔の上に跨る。 太いオチン★ンがぐっと喉奥を突き刺すような...

エログランキングに参加する

エログランキングに参加するには新規登録をしていただき、エログにHTMLリンクコードを貼り付けて頂ければエントリー完了です!

[PR]ネットで人気のアダルト画像が満載!