性器拷問の世界

性器拷問の世界

性器特に男の性器を拷問される、あるいは痛めつけられるさらには去勢される。これらのことに興奮する人用のブログ。

登録日:
2007年05月16日
カウント:
in:0 out:0
カテゴリ:
タグ:
URL:
http://seikitorture.blog82.fc2.com/
  • ★まーゆ
  • きさちん
  • ゆあ*7
  • おりんさん
  • もっきーな
  • 奈々ちゃん
  • ゆかろん
  • まみーぽこ
  • あすかてゃ
  • 甘いコーヒー

プロフィール公開中のデジカフェメンバー

最新記事

極寒の屋外で拷問される 2017年03月18日22時58分
古くに拾得した画像ですが、好きなイメージの一つです屋外で(ロシアだからおそらく極寒)木に吊るされておちんちんを痛めつけられる女性の握力はかなりある睾丸を潰されるまでにはないがそれでも握られた時の痛みは悶えながら激しく悲鳴をあげるほど 同じような嗜好のM男たちへお勧め動画dugafpwc("540","300","dugaflvplayer-amateur-0008","http://clic...
包皮延伸 2017年03月06日00時22分
もともと包皮や陰嚢の表面の皮は柔らかく柔軟ですね。欧米のCBTマニアには極端に引っ張られるのが好きな人がいます。陰嚢を根元からロープで思い切り引っ張らせるその人の陰嚢は根元の皮が伸びて倍くらいの長さになってます。この画像の人も包皮を引っ張らせています何回もやっているせいでしょう、通常よりかなり長く延伸しています私も陰嚢を引っ張られるのは好きです。その見た目の痛そうな感じより実際はそれほど痛く...
縛られる 2017年02月11日20時45分
SMの世界では基本中の基本にボンデージがある。拘束行為または拘束のための道具ということ。縛られるまたは縛るという行為に強く昂奮を覚える人たちも多い。管理人は「縛る」行為自体には昂奮しない。ただ拘束されることには昂奮する。全身を拘束されてこそ拷問される昂奮が増すから。そのためには縄の状態や緊縛方法はあまり気にしない。それよりどういう状態で拘束されているかに興味がいく。例えば、 好きな姿態のひとつで
疑似電気拷問 2017年02月06日21時58分
数多ある拷問の中でも、電気拷問が好みであると以前もお伝えしたと思います。ただ、これはたとえ好きであってもリアルに実施するには危険が伴います。なので、海外でプレイしている愛好家たちも低周波パルス治療器などをそのままあるいは改造して使用しているのをよく見かけます。 もちろん害はなく苦痛もありません。でもそれを本物としてイメージして行うのが理想ですね。管理人も微弱に感じる電流をいかにも大きな電流を流され
好みのイメージ画像 2017年01月16日17時52分
昨今は動画が主流ですが、以前は静止画像を収集するのが目的で海外無修正サイトをよく訪問していました。未だに動画よりも静止画像の方が好きな場合があります。特にイメージとしては、背景が暗く湿ったような空気の地下室で画像全体の色のトーンも黒基調のカラーが良いようで。画質もできれば高画質なものが良いですね。性器部分が鮮明に見えるような。まあ修正はしてしまいますが、大きさかたちが美しく、そしてほとんどの場合剃

エログランキングに参加する

エログランキングに参加するには新規登録をしていただき、エログにHTMLリンクコードを貼り付けて頂ければエントリー完了です!

[PR]ブログランキングなら出会いの広場!