パイパンSM肉便器

パイパンSM肉便器

清らな恋愛に焦がれる反面、愛する人のSM奴隷になりたい、肉便器として男たちに辱められたいと願う。サキュパスが大人の女へと変態してゆく中で、妖しく揺れるパイパン少女の肉奴隷願望。

登録日:
2011年05月09日
カウント:
in:0 out:0
カテゴリ:
タグ:
URL:
http://truesm.blog52.fc2.com/
  • 聖玲奈
  • あいりんりん
  • みい...♪
  • ゆめの#729;#729;
  • きのっぴー
  • れなれなです(^^)
  • ももはら
  • みふぁ
  • ひーちゃん(・∀・)
  • ゆな(*^^*)

プロフィール公開中のデジカフェメンバー

最新記事

遊園地でデート(3) 2013年02月18日10時05分
ショーツを穿いてないということを 忘れていた私この子の頭は、私のお尻より低い位置にあるんじゃ?そのことに気づいた瞬間、私は開門の待ち行列を離れていた。顔を伏せたまま さっき二人で来た道を駅に向かって歩き始める。見られたんだ……。ノーパンだって、気づかれたに違いない。熱く火照った頬を、羞恥の涙が伝い落ちてゆく。パイパンのあそこは、子どもの目にどんな風に見られたのだろう……。そんな疑問が頭をよぎ...
遊園地でデート(2) 2011年09月12日15時03分
駅で降りて、遊園地まで歩く間、彼と手をつないだ。「さっき感じてたろ、お前」彼は耳元で、そんな意地悪なことを言ってくる。側を歩いている人たちに聞かれないか、心配になってしまう。「だって、あなたがあんなこと言うから……」「嫌だったのなら、しなきゃよかったじゃないか。でも、したよな」その通りだから、言い返せない。ゲート近くまでやってくると、列は既にかなり長くなっていた。どれも同じような長さだけど、...
遊園地でデート(1) 2011年08月25日22時13分
私をパイパンにしてから、彼は変態なのを隠さなくなった。私の妄想だったことが、妄想じゃなくなってる。この前、海の近くの大きな遊園地に行った時も、生足ミニスカートに、ノーパンで来いと言われた。朝のJRは、通勤のおじさんたちがいっぱい。始発の東京駅から乗ったので、私たちは並んで座ってた。電車が海沿いに出た頃、彼が耳元で囁いた。「自然な感じで、ひざをゆるめてごらん」そんなことしたら、正面の席に座ってるおじ
パイパンが困るのは 2011年07月22日13時43分
パイパンにされて やっぱり困るのは銭湯かなまあ 家にお風呂があるから 普段はいいんだけどねといっても 家族と同居してるから いろいろとある着替えの瞬間に お母さんとかに入ってこられると 超あわてるし気づかない振りして お兄ちゃんにオナニー見せてあげるのもいろいろ追及されそうに思えて 出来なくなっちゃったし高校はこの前卒業したから 修学旅行とかはもうないけど在学中に剃られてたらと想像すると ゾクゾク
カミングアウト 2011年07月12日22時31分
彼にやっとわかってもらえた 私のされたいこと「肉便器」という言葉を 初めて目にしたあの日心が震えて仕方なかったの 怖くてたまらなくて犯されることへの恐怖じゃなかったと 今ならわかる私は そこから戻ってこれなくなることを恐れてただから高校までは ずっといい子で通してきたたくさんの男子に繰り返し犯される それを想像するだけで濡れてくる自分を どうしても認めたくなかったからだけど それも限界 彼に出会っ

エログランキングに参加する

エログランキングに参加するには新規登録をしていただき、エログにHTMLリンクコードを貼り付けて頂ければエントリー完了です!

[PR]アダルト画像ブックマークって何?