SM小説 異端者

SM小説 異端者

男の欲望、身勝手な性的な支配が顔をだしたとき、私という視点から世界は一転し男の欲望のままに視点は動かされていく。

登録日:
2008年06月14日
カウント:
in:0 out:0
カテゴリ:
タグ:
URL:
http://necropsy.blog43.fc2.com/
  • ☆えま☆まっきー
  • numphn
  • あやなんん
  • 美香ちゃん
  • 舞☆☆
  • 葡萄
  • るかりん
  • ヒビキまる
  • スカートの風(海江田みずき)
  • えね

プロフィール公開中のデジカフェメンバー

最新記事

拉致 甘いしずく 10 2017年10月16日04時52分
だらりと伸びた酒井の舌が莉緒のくちびるを舐めだす。 「気持ちいいことしようぜ」 酒井は片手に握った蝋燭を莉緒のくちびるに押し当てた。 ライター
拉致 甘いしずく 9 2017年10月10日05時45分
莉緒は命からがらのどん底の中で母親からの着信を期待した。が、やはり今回も母親からの着信はありそうもない。 助けを求める手段のない窮地のなかで莉緒は必死に
拉致 甘いしずく 8 2017年10月07日06時06分
莉緒の制服のスカートを宇野が強引に脱がす。狡猾にこれからをどうするのか、田原の動向に二人は注視する。 卑猥な玩具箱から田原は装着バイブを取り出した。まだ
拉致 甘いしずく 7 2017年10月04日03時34分
膨張しきった赤胴色が顔をだすと莉緒は顔を歪ませきった。 「すぐに終わらせてやるからな」 まだ処女らしい狭い膣口に酒井はくちびるを舐めると押し当てた。
拉致 甘いしずく 6 2017年10月03日06時37分
どこはかとなく嬌声にも似た吐息が莉緒のくちびるを描く。 「俺たちと遊んでいるほうが楽しいだろう。色気づいた母親を眺めているよりも」 莉緒は顔を背けて

エログランキングに参加する

エログランキングに参加するには新規登録をしていただき、エログにHTMLリンクコードを貼り付けて頂ければエントリー完了です!

[PR]ブログランキングなら出会いの広場!